当たりが多い風俗

協力。それが肝だったんですね

何度も風俗で遊んでいたので、自分が改めて覚えるようなことはない。そう思っていました。でも、それは怠慢だったのかもしれません。確かに風俗は別に勉強しなければ楽しめないようなものではなく、誰もが好きなように、気の赴くままに楽しめるものだと思うんですよね。でも、少し覚えることによって楽しさが倍増すると言っても過言ではないのもまた、一つの事実じゃないですか(笑)先日、Eちゃんという風俗嬢に教えられましたよ。あ、説教を受けたとかではないですよ?(笑)彼女とのプレイとを通してという意味ですけど、彼女との時間によって、風俗は女の子とお客。二人がどれだけ密な関係を築けるのかによってもまた、気持ちが変わるものだと気付きました。彼女とのプレイで得た充実感は、間違いなくそれまでの風俗で最高のものでした。それは彼女だけがもたらしてくれたのではなくて、彼女の導きによって自分もまた、彼女に対して協力的になれたからなんです。

多様性。それが風俗の魅力だと思う

ポータルサイトを見れば分かりますけど、風俗には本当に数えきれないほどのお店、女の子がありますので選択肢は豊富です。つまり、それだけ多様性のあるジャンルだってことが言えるんじゃないのかなって思うんですよね。興味のない人からすると風俗なんてどれも同じだろうって思うかもしれないんですけど、細かく見てみると実際にはいろいろな違いがあるってことに気付かされますし、その違いによってこっちの気持ちも全く違うものになると言っても決して過言ではないんですよね。しかもです。それだけ多様性がありつつも、選択権はお客である男側が握っているという点も大きいんじゃないですかね。誰かに決められるものではなく、お客であるこちらが自分の好きなように決められるじゃないですか。日常生活の中では女の子がいろいろな選択権を持っていますけど、風俗だけは違うんです。風俗だけは男側に決定権がありますので、こちらの好きなように楽しめるんです。