当たりが多い風俗

フェチは自然と出来るんじゃないかなと

フェチって別に意識して作るものではなくて、気付けば出来ているものなんじゃないのかなって思うので、フェチはそこまで気にしていないというか、いずれ自分にも見えてくるものだろうって思っていたんですけど、風俗で遊んでいるうちに自分のフェチに気付きました。それは色白フェチです。風俗で遊ぶ時にはホームページで女の子を物色します。その際、色白の子ばかりを選んでいることにふと気付いたんですよ。体型とか顔よりも色白かどうかで判断している自分を見つけて、もしかしたら自分は色白フェチなのかもしれないなって(笑)色白って、男心をそそるような気がするんですよ。別に白いからこちらが何かをされるってことではないんですけど、色白なだけでこっちも勝手にテンションが高くなりますし、さらには次第にいろんな気持ちになっていくというか…。そう意識してからは風俗では色白の子だけを狙うようになりましたけど、それはそれで楽しいものですよ。

他の風俗では出来ないことが出来るんです

他の風俗では出来ないことでも楽しめる。それこそがピンサロの大きな魅力だといってよいんじゃないですかね。風俗にもいろいろなジャンルがありますけど、ピンサロだけは根本的に違う部分があります。それは個室でのプレイではないってことですね。個室でのプレイではないので、結局じゃあどうするのかっていう疑問も出ると思いますけど、そこは本当にピンサロによって全然違うんですよ。風俗店によって個室も違うと思いますけど、ピンサロもまた、お店はそれぞれ違うんです。靴を脱いで漫画喫茶のシートのようなところでプレイする所もあれば、ファミレスの座席のような所でのプレイになるケースもありますし、いろいろなスタイルがあるんです。お店によってそれらが全く違うと言っても決して過言ではないので、その違いをいろいろと楽しむだけでもそれはそれでとっても楽しい世界が待っているんじゃないのかなって思いますよ(笑)むしろその違いこそピンサロの肝です。